未分類

許せない、消費税増税の強行!引き続き、反対の世論を広げましょう!

2012年6月26日

今日、衆議院で消費税増税法・社会保障の改悪法案などが民主・自民・公明の賛成多数で可決されました。市議会では、一般質問の最中でした。市議会でも、市民生活が苦しくなる中、いかに、生活と営業を守ることができるか、行政とのせめぎ合いをしている最中での可決です。

議会準備のために、市内の製造業の社長さんからも話を伺いました。その方は、消費税を払うために、「生命保険を解約した。そういう思いで支払っているのに、増税されたら工場の維持は無理」と共産党の懇談会で話されていた方でした。

中小企業者の7割は消費税を価格に転嫁できないといわれます。雇用の6割を中小企業が支えているのに、その中小企業が成り立たなくなったら、雇用の場が失われてしまいます。

衆議院では、「うまく行った」と思っているかもしれませんが、こちらも、「仕方がない」では、済まされません。本当に「命」がかかった問題です。参議院での廃案めざし、より一層、反対の世論を広げましょう!